Dr.森田の医療・介護お悩み相談室

1971年横浜生まれ。経済学部卒後、医師に。夕張市立診療所の元院長。財政破綻で病院がなくなっても夕張市民は元気だったよ!医療費も減ったよ!と論文やTEDxで発表したところ各界から総スカンを食らう。今は鹿児島県で診療・執筆・講演・研究・web発信などをしている。医療経済ジャーナリスト、南日本ヘルスリサーチラボ代表、鹿児島県 参与(地方創生担当)

医師も薬剤師も知らない【処方箋なしで薬局で買える薬】まとめ一覧

 

f:id:mnhrl-blog:20180407153811j:plain

 

 

 

先日書いたこちらの記事にかなりの反響を頂いています。

 ↓ ↓ ↓

www.mnhrl-blog.com

 

読みやすいように会話調で書いてるので字数だけは長いですが、要約すると、

 

いつも医師の処方箋でもらっているいわゆる病院の薬も条件次第では処方箋なしで『薬局で買える』

 

と言うものです。

 

これ、現場の医師も薬剤師も殆ど知らないんです。

ちなみに、かく言うぼくもつい最近まで知りませんでした(^_^;)

 

でも、記事にもありますが、その方が患者さんやご家族の利益になることだって多々あるはずです。

 

たとえば、

◯お母さんが忙しくてなかなか時間内に受診できない子供の風邪。

◯風邪の治りかけで解熱剤だけもう少し欲しいけど、病院に行ったらまた病気をもらいそうでイヤ。

 

など。

 

真の『患者中心の医療』を実践しようと思うなら、こうしたこともしっかり視野に入れて診療に当たるべきだと思います。

 

事実、英国家庭医の澤憲明先生も、薬を処方するか、薬局で買ってもらうか、患者さんに説明し、相談の上で決めることは多々あるとのことでした。

 

で、販売できる詳しい条件とか、その調べ方は、上記記事を見てもらうとして、今回は皆さんのご要望の高い、処方頻度の高い薬のリスト、これをご提示したいと思います。

 

基本、自分が使う(もしくは他医の処方でよく見る)頻用薬くらいしかないので、メモ程度と思ってください。

 

 

 

 

まずは、

 

処方箋が絶対必要な薬。

 

◯抗生剤(抗生物質)の内服薬

◯睡眠薬(抗不安薬)

◯ステロイドの内服薬(塗り薬は処方箋なしでもOK)

◯高血圧・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病の薬

 

これらは必ず処方箋が必要です。
(ただ、最後の生活習慣病の薬は今後順次、処方箋が不要になる可能性もあります。ていうかそうなってほしいです。)

 

 

 

処方箋なしでも買える薬。

 

 


解熱・鎮痛剤

ポンタールカプセル
ナイキサン
ロキソニン

*ボルタレン錠はダメ(処方箋が必要)

アレルギー薬

アイピーディカプセル
アレグラ
アレジオン
アレロック
エバステル
ザジテン
ジルテック

 

 喘息系

ホクナリンテープ
ムコソルバン
ムコダイン
メプチン錠
キプレス
ベネトリン

 *メプチンエアーはダメ(処方箋が必要)

鎮咳薬

アストミン
メジコン
フスタゾール
フスコデ

 

総合感冒薬

PL配合顆粒

 

胃薬

マーズレン
セルべックスカプセル
アシノン
ムコスタ
アルロイドG
ガスターD
プロテカジン
ザンタック

 

下剤

ラキソベロン
プルゼニド
レシカルボン坐剤

 

点眼

ヒアレイン
マイティア
ザジテン

 

ステロイド塗布剤

マイザー軟膏
アルメタ軟膏
デルモベート軟膏
トプシム
リンデロン
エキザルベ
ロコイド
キンダベート
フルメタ


抗生剤(抗ウイルス・真菌剤)塗布薬

ゲンタシン軟膏
アクロマイシン軟膏
ゾビラックス軟膏
アラセナー軟膏
テラマイシン軟膏
ニゾラール
ラミシール

 

その他塗り薬

ワセリン
スミルスチック
ボルタレンゲル
ロキソニンゲル
ヒルドイド
ビーソフテン


湿布

スミルテープ
ボルタレンテープ
モーラステープ
モーラスパップ

 

漢方薬

全般


その他

フェロミア(鉄剤)
プリビナ(血管収縮剤、点鼻・点眼)
プリンペラン(制吐剤)
ナウゼリン(制吐剤)
クレメジン(吸着剤)
ウルソ (胆汁分泌促進剤)

 

 

 

こう見ると、普通に元気な方の普通の疾患なら、8〜9割は対応できそうな感じですね。

真に地域全体の健康を考える医師なら、このことも知っておくべきだと思います。

 

 

 あわせて読みたい

 

f:id:mnhrl-blog:20180407155047p:plain 【医師直伝】処方箋なし(受診・診察なし)で『病院の薬』が買えるって本当?

 

 

 

 

 未来に残すべき
『価値あるアイデア』を。

 

 

 

f:id:mnhrl-blog:20170505080218j:plain

 

f:id:mnhrl-blog:20170328113538p:plain

 

 

 

財政破綻により病院がなくなってしまった夕張市、
しかも高齢化率は市として日本一。
果たして夕張市民の命はどうなってしまうのか?‥。
しかし財政破綻後のデータは、夕張市民に健康被害が 出ていないことを示していた。

事実、夕張市民は笑顔で生活していた。
「病院がなくなっても市民は幸せに暮らせる! 」
それが事実なら、それはなぜなのか?

本書は、その要因について、先生(元夕張市立診療所所長)と
生徒2人の講義形式でわかりやすく検証してゆく。

夕張・日本・世界の様々なデータを鳥の目で俯瞰し、
また夕張の患者さんの物語を虫の目で聴取するうちに3人は、
夕張市民が達成した奇蹟と、その秘密を知ることとなる・・。

少子高齢化や財政赤字で先行きが不透明な日本。
本書は、医学的・経済学的な見地から
医療・介護・地域社会の問題を鮮やかに描き出し、
日本の明るい未来への処方箋を提示する希望の書である。

森田洋之 著

 

f:id:mnhrl-blog:20170310155238p:plain