Dr.森田の医療・介護お悩み相談室

1971年横浜生まれ。経済学部卒後、医師に。夕張市立診療所の元院長。財政破綻で病院がなくなっても夕張市民は元気だったよ!医療費も減ったよ!と論文やTEDxで発表したところ各界から総スカンを食らう。今は鹿児島県で診療・執筆・講演・研究・web発信などをしている。医療経済ジャーナリスト、南日本ヘルスリサーチラボ代表、鹿児島県 参与(地方創生担当)

医師直伝!実は市販薬にある「医者が出す薬」【花粉症・アルギー薬】編

f:id:mnhrl-blog:20180707143912p:plain

 

こんにちは、Dr. 森田です。

 

今回は、実は薬局・通販で買える市販薬の中にも「医者が出す薬」がありますよ、の【花粉症・アレルギー薬】編です。

 

ま、簡単に言えば、

 

「いつも病院で貰ってるけど実はAmazonとか普通の薬局の市販薬で買える花粉症・アレルギーの薬」

 

です。

 

今までちょこちょこ書いてきたもののまとめ版ですね。

 

「いつも病院でもらうあの薬がほしいけど、なかなか病院まで行けない」

 

など、諸々の事情もあると思いますので、そんなときに使ってみてください。



もちろん副作用などもありますので、『ちょっとおかしいな』と思ったときはすぐに医師や薬剤師さんに相談しながら服用してくださいね。

 

あと、最後に大事なことを書いていますので、最後までお読みいただけますと幸いです。

 

 

 

で、花粉症・アレルギー薬には、内服薬・点眼薬・点鼻薬 と3種あります。

 

 

 

 

 

 

 

内服薬

 

医師が処方する花粉症・アレルギーの内服薬としては、 アレグラ・アレロック・ザジテン・タリオン・ザイザル・エバステル・クラリチン…などがあります。

 

その中で、薬局・通販で買えるのは、

 

◯アレグラ(フェキソフェナジン)

◯アレジオン(エピナスチン)

◯エバステル(エバスチン)

◯ザジテン(ケトチフェン)

 

です。

 

 

 

アレグラ(フェキソフェナジン)

こちらは定番、病院では『アレグラ』として処方されている薬です。薬局・通販で買えるものは『アレグラFX』ですね。両方とも同じサノフィ社が製造していて(販売は久光製薬)、成分(フェキソフェナジン)の含有量も添加物も同じですので、まあ同じものと考えていいと思います。

 

 

 

 

 

アレジオン(エピナスチン) 

 こちらも定番アレジオン。病院で出るものと同じ、エピナスチン20mgを含むものが薬局・通販で買えます。1日1回の内服でいいので、便利な薬です。

 

 

 

 

エバステル(エバスチン)

 こちらも定番エバステル。同じく、エバスチン5mgを含むものが薬局・通販で買えます。こちらも1日1回です。

 

  

 

 

ザジテン(ケトチフェン)

 こちらも医者が出す薬の定番「ザジテン」と同じ名前の「ザジテンAL」です。成分量も1カプセル中ケトチフェン1mgで、病院の薬と同じです。こちらは1日2回です。

 

 

 

 

 

 

点鼻薬

点鼻薬には大きく分けて3種類があります。

 

 


◯抗アレルギー薬

 多くの内服薬と同じく「抗ヒスタミン」の成分が入っている(つまり内服薬と同じ系統の)点鼻薬です。薬局・Amazonで買えるものとしては、「ザジテン」があります。

 

 

ザジテン(ケトチフェン)の点鼻 

 

 

 

 

 

 

◯ステロイド点鼻薬

 

 これは多分医師にもあまり知られていないかも(知らなかったのは僕だけかもですが…)実は薬局・通販で買える点鼻ステロイド薬がけっこうあります。

 点鼻ステロイド薬は、医師のマニュアル的存在の『鼻アレルギー診療ガイドライン〜通年性鼻炎と花粉症〜』の中で、比較的安全性も保たれつつまた十分な効果も認められた第一選択薬となっております(即効性こそ後述する「血管収縮薬」に劣りますが)。

 そして、医師がよく処方するキュバールなどの「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」は、薬局・通販で買える薬として流通しています。

 

 

キュバール(ベクロメタゾンプロピオン酸エステル)

 これ、いろいろあるのですが、代表的なものをご提示しますと、こちらの2つでしょうか。どちらも、病院で医師に処方される『キュバール』と同じく、「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」という成分が「医療用と同濃度」入っています。

 

 

 

 

 

 

 

◯血管収縮薬

 

「鼻詰まりをなんとかしたい!」 そんなこともありますよね。

そんな時に『即効性』が期待できる薬、それがこちら『血管収縮薬』です。

僕も鼻炎持ちでしてよく鼻が詰まってしゃべりにくくなります。講演の前などはとても困るのでよく使っています。個人差はあると思いますが、僕の場合1〜2分でスッキリ効いてくれます。

ただ、連用すると逆に症状が悪化したり、副作用が出やすくなったりしますのでご注意を(添付文書には3.3日以上の連用はダメ、と書いてあります。)

 

 

プリビナ(塩酸ナファゾリン)

こちらは病院でもよく使われています。特に、鼻から入れる胃カメラの前処置として使われることが多いですね。これを点鼻すると鼻づまりが解消される=鼻腔が広がるので、胃カメラが鼻に入れやすくなるのです。ま、つまりそれくらい即効性があって、効果もある(その分連用はダメ)という薬です。

こちら『ナザールスプレー』は、病院で使われる『プリビナ』と同じ成分「塩酸ナファゾリン」が同濃度入っております。(ステロイド剤の「ナザールαAR」と同じ「ナザール」という名前ですが、全く別の成分ですのでご注意ください。)

 

 

 

 

 

 

 

点眼薬

「花粉症でどうしても目がかゆい!」

そんなときに便利な薬です。

 

ザジテンAL(ケトチフェン)


 こちらも医師が出す「ザジテン点眼液0.05%」と同じく、点眼液1ml中にケトチフェンを0.50mg含んでいます。

 

 

 

 

最後に

 実は薬の効果には個人差が大きくあります。かなり効く人もいれば全然効かない人も。ですので、「薬を飲んでいる安心感」にもまして重要なのは、「自分で薬の効果をしっかり確認する」ことです。飲んだ日時、症状が出た時間、症状が収まっている時間、また飲まなかった日はどうだったか。こういうことを記録していくと、自分にとっての薬の効き具合と、本当にこの薬が必要なのか、どうなのか、他の薬のほうがいいのか?などがより分かると思います。


 セルフメディケーションと言うのは「自己管理」を前提にした「自己服薬」の意ですが、それが発展して「専門家への依存(医師にお任せ)からの脱却=市民の自立」というところまで意味するようになるといいな〜、と思っています。(もちろん、わからないこともあると思いますので、そのときはかかりつけ医や、お近くの家庭医にご相談ください。)

 

 

 

 

 あわせて読みたい

 

f:id:mnhrl-blog:20180708135252j:plain【花粉症に朗報!】処方箋なしでアレグラを一番安く買う方法

 

 

 

 

 

 

未来に残すべき『価値あるアイデア』を。     

 

あおいけあ流介護の世界表紙画像

爺ちゃん婆ちゃんが輝いてる! 職員がほとんど辞めない!
施設で職員の結婚式も! 最期は家族のようにお看取りまで…
…辛い・暗いの介護のイメージをくつがえす 「あおいけあ」流介護の世界。
加藤忠相を講師に迎えた講義形式で展開 される講義の受講生はおなじみのYさんとN君。
マンガ・コラム・スタッフへのインタビューなど 盛りだくさんの内容でお送りする、
まさにこれが目からウロコの次世代介護スタイル。
超高齢化社会も、これがあれば怖くない!
森田洋之・加藤忠相 著

書籍ページへ →

 

 

 

破綻からの奇蹟表紙画像 

★★★★★★★★★

日本医学ジャーナリスト協会 優秀賞受賞作品(2016)

★★★★★★★★★

財政破綻により病院がなくなってしまった夕張市、
しかも高齢化率は市として日本一。
果たして夕張市民の命はどうなってしまうのか?‥。
しかし財政破綻後のデータは、夕張市民に健康被害が 出ていないことを示していた。
事実、夕張市民は笑顔で生活していた。
「病院がなくなっても市民は幸せに暮らせる! 」 それが事実なら、それはなぜなのか?
本書は、その要因について、先生(元夕張市立診療所所長)と 生徒2人の講義形式でわかりやすく検証してゆく。
夕張・日本・世界の様々なデータを鳥の目で俯瞰し、
また夕張の患者さんの物語を虫の目で聴取するうちに3人は、
夕張市民が達成した奇蹟と、その秘密を知ることとなる・・。
少子高齢化や財政赤字で先行きが不透明な日本。
本書は、医学的・経済学的な見地から 医療・介護・地域社会の問題を鮮やかに描き出し、 日本の明るい未来への処方箋を提示する希望の書である。

森田洋之 著

書籍ページへ →