Dr.森田の医療・介護お悩み相談室

1971年横浜生まれ。経済学部卒後、医師に。夕張市立診療所の元院長。財政破綻で病院がなくなっても夕張市民は元気だったよ!医療費も減ったよ!と論文やTEDxで発表したところ各界から総スカンを食らう。今は鹿児島県で診療・執筆・講演・研究・web発信などをしている。南日本ヘルスリサーチラボ代表、鹿児島県 参与(地方創生担当)

インフルエンザを上手に怖がる。『ウイルス⇔免疫⇔薬:早わかり図解!』

 

f:id:mnhrl-blog:20170122065730p:plain

 

登場人物

f:id:mnhrl-blog:20161017164731g:plain


森田先生:とりあえず何でも診る総合診療(プライマリ・ケア)の医師。40代。

 

f:id:mnhrl-blog:20161017164800g:plain

Yさん:2人の子を持つ30代専業主婦。元病院看護師。

  

 ざっくりいうと・・

◯ 元気な人ならインフルエンザは免疫で駆除される

◯薬は発熱期間を半日〜1日短縮してくれる。

◯インフルエンザウイルスはその辺にたくさんいる?

◯インフルエンザについて大事なこと5つ

◯免疫力アップに効果的なのは◯◯?

 

 

 

 

森田「今回はインフルエンザの治療編ですね。」

Yさん「そうそう、インフルエンザなのに薬のまなくてもいい、って先生が言うから。…それって本当?どういうことなの?」

 

元気な人ならインフルエンザは免疫で駆除される

 

 

森田「これもケースバイケースです。もちろん、私だって薬を出すことも多いですよ。でも全例じゃない、ということ。」

 

Yさん「どいういうこと?」

 

森田「つまりね、そもそもインフルエンザの薬と言うものは、インフルエンザウイルスを殺してくれる、というよりも体の中で増えるのを防いでくれる、という働きが期待される薬なんですね。」

 

Yさん「え〜、意味わかんない。」

 

森田「ですよね(^_^;)。では、図で説明しましょう。」

 

 

f:id:mnhrl-blog:20161201163835p:plain

 

 

 

森田「インフルエンザのウイルスは、感染してから体の中で、万〜億単位まで増殖するといわれています。これのピークに達するのが大体症状が出てから2日、つまり48時間くらい。」


Yさん「億単位!すごい増殖力ね!」

 

森田「そうですね。でもご安心ください。体内の免疫系統がしっかり働く人、つまり普通に生活している元気な人であれば、そのあと体の中の免疫細胞さんたちが一気にウイルスをやっつけに行きます。で、急速にウイルス量は減っていく。」

 

 

f:id:mnhrl-blog:20161201163940p:plain

 

 

Yさん「へ〜、そうなんだ〜。…ん?これ、お薬は使わなくても、って話?」

 

森田「そうです。薬を使わなくても、普通に生活している元気な人なら、体に自然に備わっている免疫系統がきっちり働いてくれる。ウイルスをやっつけるのは薬ではなく、あくまでも自分自身の免疫力なんです。あらかじめワクチンを打っておけば、免疫はより強力に働いてくれるでしょうね。」

 

Yさん「へ〜、じゃ、薬いらないじゃない。」

 

森田「まあね、でも薬も使いようです。タミフルとかリレンザなどのお薬は、ウイルスを殺してくれるわけではなく、増えるのを抑えるんだ、と言いましたよね。つまり、殺すのではなく、増えなくする。…ですので、薬が活躍できるのは、ウイルスが増えてる時、発症時から大体2日=48時間までの間、この時期なら有効ですよと言うことなんです。」

 

 

f:id:mnhrl-blog:20161201164052p:plain

 

 

 

Yさん「へ〜、図で見るとわかりやすいわね〜。つまり、最初の症状が出て大体48時間以内に薬を始めれば効果がある、って覚えておけばいいわね。」

 

森田「そうそう。逆に言えば、その2日を過ぎていれば、薬の効果はあまり期待できないんですね。」

 

 

 

f:id:mnhrl-blog:20161202144736p:plain

 

 

 

Yさん「なるほど、こういうことなのね。」

 

森田「そうなんです。なので、受診時にすでに2日以上経っていて、症状も回復傾向、という患者さんの場合、場合によっては『薬も飲まない』という選択肢だって、『あり』なんです。だって、薬飲んでも結果はあまり変わらないと予想されるわけですから。あとはゆっくり休んで、自分の体内の免疫がウイルスをやっつけてくれるのを待てばいい。ということなんですね。」

 

Yさん「ふーん。でも、せっかく病院まで行ったのに薬が出ないとチョットね〜。」

 

森田「ま、そう言われる方も多いですよね。医師としっかり話し合って決めればいいと思いますよ。…あ、あと、こう言う説明をすると、『あとは免疫でいいや』って、3日くらいで薬やめちゃう人がいますが、タミフルなどの薬は飲み始めたら5日間続けたほうがちゃんと効くいいといわれていますから、気をつけてくださいね。」

 

Yさん「なるほどね。だんだん分かってきた。で、その2日の間に薬を飲み始めたら、どのくらいの効果があるの?」

 

 

薬は発熱期間を半日〜1日短縮してくれる。

 

 

森田「そうですね。これも一概には言いにくいんですが、平均的には、『熱で辛い期間を半日〜1日短縮してくれる』という感じで表現されることが多いです。」

 

Yさん「へ〜。『半日〜1日短くしてくれる』か〜、……う〜ん、しかも普通に元気な人なら薬のまなくても治るんでしょ?…それ、ビミョーって言えばビミョーよね。だったら…私なら病院行かないかもな〜。」

 

森田「そこは自己判断でいいと思いますよ。でも、まあ確かに得られるメリットとしては、ビミョーかも…。ですけど、その短縮される1日が、その人にとっては貴重な1日かもしれないですからね〜。」

 

Yさん「そうよね、受験生とか、仕事を休めない人とか、そういう人だっているもんね。」

 

森田「そうです。あと、重症化リスクの高い、ご高齢で体力が衰えてる方とか、免疫抑制剤を飲んでる方、元気だけど肺に病気がある方、あと超高齢者とか妊婦さんとかね、こういう方々には薬を積極的に飲んでもらうことともあります。でも、そうでない普通に元気な人たちはインフルエンザの薬を処方しないこともある、そういうことですね。」

 

Yさん「結局インフルエンザもケースバイケースなのね〜。お医者さんもその場その場で正解を探してるってことか。」

 

森田「そうですね。あともう一つ基本的なことを追加しときましょう。最近の研究では、インフルエンザウイルスは、結構その辺にいっぱい居そうだと言われいています。」

 

 

 

インフルエンザウイルスはその辺にたくさんいる?

 

 

Yさん「え?そうなの?」

 

森田「そう、一般的なイメージだと、インフルエンザにかかってる人、つまり熱が高くて咳してるような人はウイルスを持ってて、それ以外の世界にはウイルスはいない『きれいな世界』と、そんなイメージですよね。」

 

 

f:id:mnhrl-blog:20161224090639p:plain 

 

 

 

Yさん「え?違うの?」

 

森田「実は、検査してみたら、インフルエンザに感染した人のうち75%は無症状だった、って言う研究結果もあります(注)。」

 

Yさん「え〜〜!!75%?…無症状の人の方が多いんだ!!」

 

森田「そう、これを不顕性感染と言います。そう考えるとインフルエンザって結構普通にその辺にありふれたもので、みんなかかっているのかも・・。」

 

 

f:id:mnhrl-blog:20161224090643p:plain

 

 

 

Yさん「そうなんだ〜、なんかイメージと違う。……でも、インフルエンザにかかってても症状が出ない、ってどういうこと?」

 

森田「感染と言うのは、病原体が定着して増殖する。この両方が成り立たないと成立しないんです。つまり、インフルエンザは身体に入るけど、ワクチンや免疫力のおかげで「増殖」しない、もしくは「増殖」が抑制されてる、だから症状が出ない、または軽い症状で済んでる、実は我々が生活している街の中にもそういう人が結構居る、そういうことなんでしょうね。」

 

Yさん「そうなんだ〜インフルエンザって、その辺にゴロゴロ居るし、体内にも入るけど、体内で増殖して熱が出たりするかは別ってことね。」

 

森田「そうですね。意外にウイルスや菌と人間って共存しているんですね。冬になって、気温や湿度の関係で日本全体でウイルスの量が増える、たまたま体調を崩して免疫力が衰えてくる人もいる、そんなウイルス量と免疫力のバランスの問題で、あなたのインフルエンザの症状が決まってくるのかも。」

 

Yさん「なるほどね。」

 

森田「インフルのいる世界、いない世界。とパッキリ分け無いと大変!と神経質になって…時には犯人探しが始まることもあります。でも実は、意外にウイルスを完全に排除することってかなり困難。だから、「その辺にインフルは居る、ある程度のウイルス量なら免疫で対処できる」そんな前提を理解しつつ、

 

それでも出来る限りウイルスが入ってこないように…

 

 

 

インフルエンザについて大事なこと5つ

 

1 こまめに手を洗う(アルコール消毒もOK)とか、

人にうつさないようにくしゃみをする時は

2 マスクをするとか、

インフルの症状がある人はウイルスを大量に持っているだろうから

3 近づかないとか、

 

そういうことは気をつける。また

4 あらかじめワクチンを打つ

5 規則正しい生活する

 

などで免疫力をしっかり付けておこう!!

 

そんな風に、上手に怖がる感じの方ほうが良いのかな〜。」

 

Yさん「なるほどね〜。ウイルスの量と免疫力のバランスの問題か。結局、大事なのは出来る範囲での手洗い・マスクとか、自分の体力、免疫力ってことなのか〜。ま、当たり前なことよね!」

 

森田「そう、結局は当たり前のことなんです。」

 

Yさん「」……じゃ〜、迷ってたけど、通販で『メキシコトカゲの燻製エキス入り免疫力アップドリンク』注文しよう!」

 

 

免疫力アップに効果的なのは◯◯?

 

 

森田「なんですか?それ・・・」

 

Yさん「先生知らないの??今『メキトカダンス』のCMが大流行の『メキトカドリンク』。免疫力アップしなきゃ!ってみんな飲んでるわよ!」

 

森田「あのね〜、医学的にはそんなものはありません!免疫を抑制する薬はありますけどね。免疫をアップする薬は残念ながらまだないんです。そんな素晴らしい薬が本当にあったら厚労省がとっくに薬として認可してますし。免疫がしっかり働いてくれるのを期待するなら、安静・休養・栄養!こんな普通のことくらいしかわかってないんです。だいたいね〜、免疫力をあげる◯◯なんてほとんどが何のエビデンスもないインチ・・」

 

Yさん「ストップ!そこまで〜!先生、それ以上言うとまた闇の組織に命を狙われるわよ!」

 

森田「いや、今までも狙われたことありませんけど…」

 

Yさん「じゃ、とりあえず、メキトカドリンクは先生のところに送っとくわね。」

 

森田「だからいらないって!(^_^;)」

 

 

 

 

 

 こちらもぜひ

  ↓↓↓
参照:前回 

www.mnhrl-blog.com

前々回 

 

www.mnhrl-blog.com

 

 

 

 未来に残すべき
『価値あるアイデア』を。

 

 

 

f:id:mnhrl-blog:20170215084705j:plain

爺ちゃん婆ちゃんが輝いてる!
職員がほとんど辞めない!
施設で職員の結婚式も!
最期は家族のようにお看取りまで…

…辛い・暗いの介護のイメージをくつがえす
「あおいけあ」流介護の世界。
加藤忠相を講師に迎えた講義形式で展開
される講義の受講生はおなじみのYさんとN君。

マンガ・コラム・スタッフへのインタビューなど
盛りだくさんの内容でお送りする、
まさにこれが目からウロコの次世代介護スタイル。

 

超高齢化社会も、これがあれば怖くない!

 

書籍ページへ →

 

 

 

f:id:mnhrl-blog:20170215085310p:plain

★★★★★★★★★

日本医学ジャーナリスト協会
優秀賞受賞作品(2016)
★★★★★★★★★

財政破綻により病院がなくなってしまった夕張市、
しかも高齢化率は市として日本一。
果たして夕張市民の命はどうなってしまうのか?‥。
しかし財政破綻後のデータは、夕張市民に健康被害が 出ていないことを示していた。

事実、夕張市民は笑顔で生活していた。
「病院がなくなっても市民は幸せに暮らせる! 」
それが事実なら、それはなぜなのか?

本書は、その要因について、先生(元夕張市立診療所所長)と
生徒2人の講義形式でわかりやすく検証してゆく。

夕張・日本・世界の様々なデータを鳥の目で俯瞰し、
また夕張の患者さんの物語を虫の目で聴取するうちに3人は、
夕張市民が達成した奇蹟と、その秘密を知ることとなる・・。

少子高齢化や財政赤字で先行きが不透明な日本。
本書は、医学的・経済学的な見地から
医療・介護・地域社会の問題を鮮やかに描き出し、
日本の明るい未来への処方箋を提示する希望の書である。

森田洋之 著

 

書籍ページへ →

 

 

 

 

(注)Hayward AC.et.al., Comparative community burden and severity of seasonal and pandemic influenza: results of the Flu Watch cohort study,  Lancet Respir Med. 2014 Jun;2(6):445-54. PMID: 24717637 

ワクチン非摂取の2,737人の血清で、流行シーズンの前後のインフルエンザ抗体価を測定したところ、18%で抗体価が4倍に上昇しておりインフルエンザに感染していたと考えられた。毎週の電話聞き取り調査により、そのうち75%は無症状だったと推測された。