Dr.森田の医療・介護お悩み相談室

1971年横浜生まれ。経済学部卒後、医師に。夕張市立診療所の元院長。財政破綻で病院がなくなっても夕張市民は元気だったよ!医療費も減ったよ!と論文やTEDxで発表したところ各界から総スカンを食らう。今は鹿児島県で診療・執筆・講演・研究・web発信などをしている。南日本ヘルスリサーチラボ代表、鹿児島県 参与(地方創生担当)

人口減少・少子高齢化、あなたの漠然とした不安を払拭する方法。

人口減少・少子高齢…あなたの漠然とした不安を払拭する唯一の方法。それは何なのか。その世界をすでに体験している離島・僻地を例に、Dr.森田が解説します。

医者を辞めたくなったことが2回あります。

医者を辞めたくなったことが2回あります。 1回目は、療養病院で意識なく延命されている患者さん達が病棟を埋めている現実を見たとき。 それまで総合病院で胃瘻造設に精を出していた僕は、何も知らず得意げに自分の技術だけを追い求めていた自分が本当に恥…

【地域包括ケアシステムのありえない巨星!】澤登久雄(地域包括支援センター入新井・みま〜も)の偉業とは?

全国の自治体に拡散している「みま〜も」。みま〜もとは一体何なのか。その事業は?設立経緯は?リーダー・澤登久雄さんの思いと偉業をまとめました。

無料【立ち読み】版 『破綻からの奇蹟〜いま夕張市民から学ぶこと〜』

無料【立ち読み】版『破綻からの奇蹟〜いま夕張市民から学ぶこと〜』 こちらページで最初の50ページを無料公開しております。

70代こそ地域包括ケアの旗手!いつのまにか「ソーシャル・キャピタル(きずな貯金)」を育んでしまうオジさんの話。

宮崎県宮崎市で勝手に「ソーシャル・キャピタル(きずな貯金)」を育んで、地域包括ケアに貢献しているオジさん(僕の義父)がいます。なぜ彼の活動が、『地域包括ケア』なのか、詳しく解説したいと思います。

【医師直伝】胃ろうをすすめられたら 〜本人・家族が知っておくべきべき3つのこと〜

病院で胃ろうの話がでた時、ご家族はどう考えればいいのでしょうか。現役の医師が、その心構えと「知っておくべき3つのこと」を、様々なデータを交えて解説します。

発達障害の子供をもつ医師として。

発達障害の子を持つ現役医師として、「親の視点」「医師の視点」「経済の視点」いろいろな立場から『発達障害』について考えてみます。

日本人の『孤独度』は世界トップクラス!? 〜きずな貯金のすすめ〜

OECDのデータによると、日本人の『社会的孤立』の度合いは20カ国中最高とのこと。「孤独はタバコより健康に悪い」というデータのあるなか、我々はどうすればいいのか?その解を求める取り組みも紹介します。

親が認知症!?((;゚Д゚)) → 疑い始めから要介護4まで…『自宅で独居』出来てます(๑•̀ㅂ•́)و✧!その3つの秘訣とは。

親が認知症になったらどうしよう?・・その疑い始めから重度認知症まで、自宅での独居を支えられている方が居ます。なぜそんなことが出来るのか、そこには3つの秘訣があるとのこと。その取組の詳細をご紹介します!

【勝手に地域包括ケア!】コミュニティ・デザインの鉄人『小泉圭司』さんが繰り広げる『制度に乗らない』からこそ出来ちゃうその驚愕の仕事たちとは!

おそらく日本一「勝手に地域包括ケア」をやっちゃってる「小泉圭司」さん。一体、小泉さん、何をやってるの?今回は、彼のKCHC(=勝手に地域包括ケア)な仕事を見ていきます。

【社会的排除とは何か】医療費が高い県は介護費も高い?内閣府の『見える化』が明かす日本社会の実態。

医療費が高い県は介護費も高い?内閣府の『見える化』のデータから、驚くべき日本社会の『社会的排除』が浮き彫りになりました。

妻を肺ガンで亡くした愛煙家の苦悩

愛煙家の夫とタバコを吸わない奥ん。肺癌になったのは奥さんでした。夫婦、それぞれ思いはあっただろうけど、奥さんは特に何も言わず旅立たれました。

10年後に消える医療者・消えない医療者

今後、AIが医療現場を席巻するという。10年後、消えている医療者とは?生き残れる医療者とは?

医療市場の失敗…内閣府の『見える化』が暴露した不都合な真実(医療経済学)

医療経済学の視点から見た、日本の医療の問題点。4月28日、内閣府が発表した医療業界の根底を揺るがす驚愕のデータの詳細と、そこから導き出される『医療市場の失敗』とは何なのか、を解説します。

「社会的共通資本」とは何か。【医療経済学の基礎知識】伝説の経済学者・宇沢弘文の偉業の要約的解説

ノーベル賞受賞者を何人も指導し、自身もノーベル賞候補と言われ続けた伝説の経済学者・宇沢弘文。彼の代表作である「社会的共通資本」を、『〇〇〇が多い県に住むと医療費が2倍に!?』のマジックと合わせて解説します。

【依存することで自立する?】 地域包括ケア・マンガ解説の【後編】

国が推進する「地域包括ケアシステム」。その真意とポイントは何なのか。Dr.森田が漫画で解説するシリーズの後編です。

【漫画で解説】「地域包括ケア」って結局何なのよ! (前編)【本人の選択 ⇔ 家族の安心?】

国が推進する「地域包括ケアシステム」。その真意とポイントは何なのか。Dr.森田が漫画で解説するシリーズの前編です。

リアル「北の国から・黒板五郎さん」

まるで「北の国から」の黒板五郎さんのような、なんでも自分で作っちゃう仙人のような山奥の爺ちゃん、自分の人生の覚悟、お金とは?仕事とは?…医者として僕が色々聞いた記録です。

財政破綻後の夕張にたった一軒最後まで残った寿司屋が語る『人口減少の都市型社会でそれでも幸せに生きる』ということ。

財政破綻後の夕張にたった一軒最後まで残った寿司屋がある。80歳で、人工関節が入っていても、バリバリの現役寿司職人だ。『人口減少の都市型社会でそれでも幸せに生きる』ということはどういうことなのか。その秘密を聞いた。

【医療経済学とは】〇〇〇が多い県に住むと医療費が2倍に!? 〜京都大学経済学部・特別講義〜

医療費・死亡率・病院とは何か・・・医療経済学という分野において、現役医師である著者が京都大学の経済学部で学生に講義した模様をお届けします。

【食べる覚悟とは?】絶食・胃瘻の人も実はたくさん食べられた!の第3話。

【食べる覚悟とは?】絶食を強いられている胃瘻の患者さんも、多くの人が実は食べられた!というお話の第3話。

嚥下内視鏡検査って何?【動画で解説】

【嚥下内視鏡とは?】胃瘻の患者さんも実はたくさんの方が食べられた、というお話の第2話!嚥下内視鏡について詳しく。

胃ろう・絶食の人も実は8割食べられた!【衝撃の学会報告】

胃ろう・絶食状態の方も8割が口から食べられる。そんな学会報告があります。食べられない高齢者はなぜ増えてしまうのか?要介護・寝たきり期間世界一と言われる日本で起こっている不都合な真実とは?

【NDBから医療を検証】『胃ろう』日本一!は意外なあの〇〇県!

『胃ろう』の管から胃に直接栄養を得て生きる高齢者の方々が多く居られます。では『胃ろう』に地域差はあるのでしょうか。あるならどこが日本一なのでしょうか?また何割くらいの人が『胃ろう』を抜去出来るのでしょうか?NDBデータから医療を検証してみるシ…

Googleトレンドの新しい使い方。インフルエンザの流行が見える!

今、県でどれくらいインフルエンザが流行ってるのか?【Googleトレンド】を使うと、あなたの県の流行が見えてしまいます。病院・施設・学校関係者必見!目からウロコの流行チェック法です。

【医師直伝】処方箋なし(受診・診察なし)でも『薬局』で『病院の薬』が買えるって本当?

『処方箋なし・受診なし・診察なしでも『病院の薬』が買える『薬局』があります(処方箋医薬品以外の医薬品)。また、『市販薬』でも同等の薬があることもあります。

インフルエンザを上手に怖がる。『ウイルス⇔免疫⇔薬:早わかり図解!』

発熱→インフルエンザならクスリで治療した方がいいの?病院行った方がいいの?…自然免疫と薬とインフルエンザウイルス、3者の関係性を超図解!…さらに、そもそもインフルエンザってその辺に居る?共存してる? 「インフルエンザの上手な怖がり方」を、Dr.森…

「胃ろうをひっこ抜いてくれ」と訴える患者さんの話。

「先生へ、ハラの胃瘻のパイプをひっこぬいて下さい。」これは、入院患者さんが震える手で書かれた衝撃の告白です。胃ろうとは?医学的正解(EBM)とは?患者中心の医療・介護とは?高齢者医療の現場からの発信です。

ノロウイルスの徹底解説。 元気な人でも陽性?、検査・薬から自作経口補水液の作り方まで。

今年はノロウイルスが流行しています。しかしノロウイルスとは一体どんなもので、どれくらい怖がればよいのでしょう。その予防・検査・消毒方法から治療まで、恒例のDr.森田とYさんの対話形式で徹底解説いたします。(ハイター消毒液・経口補水液の作り方の…

禁煙・食事・運動…そんな事分かってる!現場の医師ー患者関係に学ぶ行動変容学。

誰かの行動を変えたい時、心を動かしたい時…良かれと思って言っているのに、なかなか言うことを聞いてくれない。そんな事ありますよね。その時参考になるかも知れない、現場の医師ー患者関係に学ぶ行動変容学をご紹介します。